Interview

This is zenno!

ゼンノって、どんな会社なんだろう?
どんな人が働いているんだろう?

ここでは、世界を股にかけバリバリ活躍する若手社員たちのナマの声をご紹介。

塩津 宇翔(しおつ たかなり) ピンチはチャンス 自己PR 笑顔!!

ピンチはチャンス!!

塩津 宇翔(しおつ たかなり)

プロダクト コンバーティングチーム

Q.入社した理由やきっかけはなんですか?
私は転職してこの会社に入りました。転職エージェントの担当者がゼンノと縁のある方で、グローバルな視野でいろいろなことにチャレンジしている、活気があっていい会社だとご紹介いただいたんですよ。海外に支社があり、そこに駐在して力を奮うチャンスもある。語学が得意なわけではなかったのですが、他の会社ではできないような経験が積めて、どんなことにもチャレンジできる会社なんだろうと、大きな魅力を感じて入社を決心しました。
Q.入社してみて、どんな会社でしたか?
どんな仕事をしていますか?
入社1ケ月後に、一人で中国の出張に行きました。そんな経験を実際にさせてくれる、入社前に聞いていた通りの会社だなと実感しました。海外出張の回数は年ごとに異なりますが、3ヶ月に1回という年もありましたね。担当する商品の協力メーカーが中国にあるので、出張先は主に中国です。

ゼンノは学歴不問。とにかく入ってから、いろいろな経験をさせてもらいながら自分を磨くことができるんです。

ゼンノは学歴不問。とにかく入ってから、いろいろな経験をさせてもらいながら自分を磨くことができるんです。

Q.これからどんなことしたいですか?
目標や展望を聞かせてください。
来年から部署が変わってしまい、今やっている事業からは離れてしまうのですが、新しい部署に変わっても違うジャンルで専門的な知識や知見が得られることを楽しみにしています。どんな分野でも、自分の能力などいろいろなことを深めていきたいと思います。次の部署でも、海外での仕事はもちろんあります。

自己PR 笑顔!!

安部 智美(あべ ともみ) 事務・デリバリーチーム 社長を含め、上司もみんな冗談好きでメチャクチャ明るいんです!

安部 智美(あべ ともみ)

事務・デリバリーチーム

Q.入社した理由やきっかけはなんですか?
英語を勉強するためにワーキングホリデーでしばらく海外にいて、帰国して仕事を探しているときにこの会社を知ったんです。もともとおられた社員の方がワーキングホリデーに行く時期とちょうど重なったため、私が入社できたんですよ。その時、ゼンノとなにか運命を感じました。学んできた英語を活かせる会社に入れて良かったです。
Q.入社してみて、どんな会社でしたか?
どんな仕事をしていますか?
ゼンノは男女の比率がほぼ半々なんですよ。女性社員が多いため仕事もしやすく、みんな話しやすいのですぐにとけ込むことができました。思ったことが言いやすい風通しのいい会社ですから、とっても働きやすいですよ。アフター5は女性だけで飲みに行ったりしますが、男性社員も気兼ねなく誘えるホントに仲良しの会社です。

社長を含め、上司もみんな冗談好きでメチャクチャ明るいんです!

Q.これからどんなことしたいですか?
目標や展望を聞かせてください。
これまで一人でやっていた仕事を、今年から二人で分担してやるようになったんです。そのため、仕事の幅が大きく広がりました。海外(中国)から仕入れのデリバリーも担当するようになり、きっちりと数字で結果が出てくる仕事なのでやりがいも感じています。今まで以上に、もっとがんばらないといけない!と。メールで英語を使う機会が増えたので、特技をもっと活かしてますます会社に貢献してきたいと思います。

橋 直哉(たかはし なおや) 繊維資材チーム 品行方正 自己PR 繊細かつ大胆

品行方正

橋 直哉(たかはし なおや)

繊維資材チーム

Q.入社してみて、どんな会社でしたか?
どんな仕事をしていますか?
入社後、すぐに中国法人の立ち上げに携わりました。すべてが初めてのことばかりだったので、いろいろ苦労もありましたよ。ひとつずつ自分自身で勉強して、それを中国の方に伝えなければならない。こちらが理解していないときちんと説明できないから、どんなこともまず自分で第一にやってみました。国が違うので諸手続きなども大変でした。前日にできていたことが、今日はできなかったり。四苦八苦しながらも無事に法人を立ち上げられたので、自分の中ではやりきった感満載で日本に戻ってくることができました。現在は、もともと中国で担当していた輸入品等の窓口を担当しています。やはり一番多い出張先は中国なので、中国との関わりはずっと続いています。
Q.これからどんなことしたいですか?
目標や展望を聞かせてください。
中国だけにこだわらず、東南アジアとかもっともっと自分のテリトリーを拡げていきたいですね。実際に海外で生活をしていた経験があるため、だいたい何でも食べられるし、どこでも寝られます。こうしたところは図太くなったので、世界のどこへいっても大丈夫だと自信があります。だから、あまり人の行かないところへも行ってみたいんです。大手の商社が進出しているところへ行っても勝ち目はありません。専門商社として細かな動きができる、これがゼンノの強みなんですよ。商売のあるところなら、どこへでも行くつもりです。こうした思いは会社の上司にもしっかり伝わっています。

自己PR 繊細かつ大胆

清水 愛生(しみず あおい) 産業資材チーム 日々ポジティブシンキング!! 自己PR 目標を定めて楽しむ!

日々ポジティブシンキング!!

清水 愛生(しみず あおい)

産業資材チーム

Q.入社した理由やきっかけはなんですか?
もともとアパレル業界にいて転職してきました。繊維を扱っている会社だと知っていたので応募したんです。面接の時に社長や部長もおられ、上の方でもとても話しやすく、明るく楽しそうな会社だという印象を受けたのが入社の決め手です。規模の大きい会社ではありませんが、社員が少ない分、コミュニケーションが取りやすいんじゃないかなとも思いました。後は、なんでも取り扱う商社だというところにも魅力を感じたんです。面接時に以前から興味のあったコスメに関わることがしたいと話をしたら、後々やってみようという返答を受け、「あっ、自分の思いが叶いそうだ!」とやる気が出てきました。入社してみるとまったくその通りで、やりたいことにチャレンジさせてくれる会社なんですよ。
Q.入社してみて、どんな会社でしたか?
どんな仕事をしていますか?
コスメ関連で初めて商品化を進めているのは、美容用フェイスマスクです。自社商品化という、これまで挑戦していなかった分野の第1号を担当させてもらうことができたんです。私自身、アパレル業界にいたので実はコスメに関してはゼロからのスタートでした。原料から美容液まで試行錯誤して組み合わせながら、理想のフェイスマスクを開発するのはとても大変ですが、やりがいはものすごくありますね。商品化できても、売り先を探していかないといけないのでそこにも時間がかかりそうです。営業担当も任されているため、市場調査とか、自分でアポを取って情報を集めながら、商品開発と同時に進めています。とても大変な毎日ですが、自分がやりたかった美容分野に携わることができたので楽しいですよ。海外出張は入社2年半ぐらいからですね。海外に行く機会が多く、行かされるスピードも早いので当初はビックリしました。

海外志向がある人には、ぜったいオススメの会社。英語をバリバリ使って仕事をしたいとか、海外で働きたいとか…。

海外志向がある人には、ぜったいオススメの会社。英語をバリバリ使って仕事をしたいとか、海外で働きたいとか…。

Q.これからどんなことしたいですか?
目標や展望を聞かせてください。
自社商品化といういままで実現していなかった分野に関わっているので、まず実績に繋げたいという思いがイチバンですね。まだ開発状態なので、数字にはなっていませんから。ひとつ実績を作れば、お客様に自社商品の信頼性もアピールできると思います。今回の商品開発をきっかけに、今後はコスメ事業でも名が広がっていけばいいですね。ゼンノは、こうした新規事業とか商品開発の提案をいい意味での「ノリ」でどんどん受け入れてくれる会社なんですよ。アイデアが浮かんだら「よし、とにかくやってみよう!」という感じで。そこが自慢ですね。

自己PR 目標を定めて楽しむ!

-ある一週間の過ごし方-

高本 和也(たかもと かずや) 産業資材チーム 一期一会 自己PR 現在最年少としてガムシャラにがんばってます!

一期一会

高本 和也(たかもと かずや)

産業資材チーム

Q.入社した理由やきっかけはなんですか?
入社前、プライベートでタイに1ヶ月ほど滞在していました。帰ってきて、そろそろ仕事しないとアカンなと思って探しているとき、ゼンノを知ったんですよ。タイにも駐在を構えていて、そこから帰国したばかりの自分と何かの縁を感じました。やっぱり、「ご縁」を大切にしている会社なんですよね。私も学生時代に留学経験があったので、仕事に英語を活かせることもとても魅力的でした。
Q.入社してみて、どんな会社でしたか?
どんな仕事をしていますか?
入社1ヶ月で、まずシンガポールへの長期出張がありました。その後も、海外出張はよく行かせてもらっています。最近は、東南アジアへ頻繁に出向いてますね。先日はインドへも行ってきました。このように、海外へどんどん行かせてくれる会社なので、自分を含めそうした希望を持った方には最高の会社じゃないでしょうか。海外出張は、基本的にいつも一人なんですよ。現地で他社の社員さんに会うと、上司の方は一緒じゃないんですかとたまに驚かれますね(笑)。私の場合、英語については問題ありませんでしたが、語学がまったくダメな社員も海外出張はもちろんあります。大変な面、自分でなんでもやる力と、海外でもやっていける自信がつくんじゃないでしょうか。

休みがすごく取りやすい。自分の仕事の都合が付けば、一日前に休みの申請を出すことも可能なんです。だから、有給休暇もしっかり消化できますよ。

休みがすごく取りやすい。自分の仕事の都合が付けば、一日前に休みの申請を出すことも可能なんです。だから、有給休暇もしっかり消化できますよ。

Q.これからどんなことしたいですか?
目標や展望を聞かせてください。
もうすぐ他部署に移動があり、仕事の内容ももちろん変わるはずです。けれど、そこでもとにかくガムシャラに知識的なものを取り込み、お給料をいただいていているからにはプロとしてやっていかなければならないと思います。まだまだ学ぶことはたくさんあり、どんどん力を蓄えていかないといけませんが、ゆくゆくはどんなことでも責任をもって一人でやり遂げられるようになりたいと思います。

自己PR 現在最年少としてガムシャラにがんばってます!

もっともっと、This is zenno!

もっともっと、This is zenno

塩津

自分で計画して、スケジュールを立てて、自分のペースで仕事ができる。仕事を作ってしっかり数字を出せば。出張も自由に行ける。こんなシステム、ゼンノならではじゃない!

安部

ゼンノでは、お客様が入ってこられると全員がぱっと立ち上がって大きな声でお迎えします。こんな何気ない習慣が、実はとっても好評なんです。

社内旅行は日本のみならず、全社員で海外へ行くことも!

清水

会社がチームとして必ず飲み会を実施。各部署、月一度の飲み会を設けたり、事務職の女性同士が飲みに行ったり、経費はすべて会社が出してくれるんです。こんな会社、他にある?

高本

みんな仲がいいので、休日も集って登山をしたりします。誰かが声をかければ、ゴルフとか、パラグライダーとか、カラオケ大会とか、ボーリング大会とか大集合!

本社
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1丁目20番21号